• Menu
  • Menu
「ゆるぼ」とは?意味や使い方を解説

「ゆるぼ」とは?意味や使い方を解説

「ゆるぼ」は「ゆるく募集」を略したネット用語で、それほど急ぎの話でなかったり、必死になっているわけではないけど、緩めに募集をかけているという意味合いで使います。 「ゆるぼ」の他にも漢字で「緩募」「ゆる募」「」やカタカナで「ユルボ」などの表記も使われています。 反対語に当たるのは「急募」または稀ですが「ガチ募」という表現も見かけます(ガチは本気という意味)。 以下のような使い方や表現があります。 【ゆるぼ】これから電話で話せる人 このあたりで美味しい店ユル募 あのゲームのフレンド緩募です 明日夕食一緒にできる人ゆる募 《ゆるぼ》バンドのドラムがいないので誰かなりませんか 2ちゃんねるなどの掲示板でかなり古くから使われはじめていたようですが、2010年頃からツイッターなどのSNSの広まりと同時に広く認知されるようになりました。...

ネット用語の「過疎」とは?意味や由来、使い方について解説

ネット用語の「過疎」とは?意味や由来、使い方について解説

ネットで使われている「過疎」は活発な書き込みであったり、人のいる気配が少ない状態を指す用語です。 各サイトやサービスによって意味合いが少し異なり、例えばネット掲示板でいう「過疎」は書き込みが少なくスレがなかなか埋まらない状態で、ニコニコ生放送やツイキャスなどの生放送サイトであればコメントが流れず放送主が待ちぼうけしている状態などを指しています。 いずれもアクティブでない様子を表現する際に使われる用語です。 ただ、「1日でスレッドに書き込まれる回数」とか「5分以内に何回コメント」などのような明確な基準はなく、あくまでそれぞれのユーザーの主観で決まる事になります。 なお、下で詳しく説明しますが、語源となっているのは人口現象の意味で使われる「過疎」で、ネット用語はこの意味が転じて使われるようになりました。...

「小並感」とは?意味や使い方を解説

「小並感」とは?意味や使い方を解説

「小並感」は「小学生並みの感想」の略で、何か物事に対する感想がまるで小学生のような簡単な感想dだった場合などに使うネット用語です。 読み方は「こなみかん」または「しょうなみかん」で、どちらで呼ぶかは様々意見があります。 読みやすく普及している「こなみかん」ですが、小学生並みの感想を略した言葉ですから、「しょうなみかん」が正しいのではないかという意見もありますので、自ら判断して読むようにするといいかと思います。 この小並感、相手に対しても自らに対しても使い、文末にカッコを付けて表記することが多いです。 使い方はこちらです。 すごくおいしい(小並感) 迫力があってすごかった(小並感) 良い人そう(小並感) ご飯食べたら眠くなった(小並感) 小並感かよ...

「概出」(がいしゅつ)とは?意味や使い方を解説

「概出」(がいしゅつ)とは?意味や使い方を解説

「概出」はネット上で作られ広まった用語で、「既出」(きしゅつ)に漢字が似ている事から同じ意味で使われているものの、正式な日本語としては存在していない言葉です。 既出が正しく、概出は間違ってい事を知っているユーザーが使っている場合が多いですが、あまりにもネットの様々な場所で使われ普及しているため、特に若い世代では実際に「概出」という漢字が正しいと思い込んでしまっているユーザーが一定数存在していると考えられます。 既出の意味は「すでに出ている情報や示されている事」です。 既は「既(すで)に」という訓読みがあり、概は「概念(がいねん)」とか「概要(がいよう)」の漢字をよく見かけ、訓読みだと「概ね(おおむね)」です。 概出の使い方と意味は既出と全く同じで、以下のような表現があります。 概出ですがこちらの方法はどうでしょうか...

「残当」とは?意味や使い方、元ネタについて解説

「残当」とは?意味や使い方、元ネタについて解説

「残当」は「残念だが当然」を略した用語で、読み方は「ざんとう」です。 「ある程度予想出来た結果ではあるものの、実際にその状況になり残念だが当然だろう」といった意味があります。 ただし、ほとんどネタ化している用語のため、実際上記のような意味で使う事はあるものの、「残念だけど」「まあ当然そうなる」「妥当な結果だ」「当然そうなるよね」「至極当然」といった表現の類語くらいの意味合いという認識で大きな違いはないと言えます。 2006年頃にネット掲示板の「2ちゃんねる」にある「なんでも実況」(なんJ)にある野球関連のスレで使われ始め、現在では掲示板はじめ、ツイッターやSNSなどでも見かける用語になりました。 もともと野球から由来している言葉のため、スポーツの話題で使われる事が多いですが、もちろんそれ以外でも見かけます。...

「香具師」とは?2ちゃんねる等で見かける香具師の意味と語源を解説

「香具師」とは?2ちゃんねる等で見かける香具師の意味と語源を解説

香具師は「やし」または「こうぐし」と読み、ネット上では「〇〇なやつ」「ヤツ」「奴」(やつ)という意味があります。 語源となっているのは、カタカナ表記の「ヤシ」が「ヤツ」に似ている事からで、言葉遊びで「ヤツ」の代わりとして使われるようになりました。 もともとこの「香具師」、江戸時代では香具(こうぐ)や薬を作って売る商売人や、芸を行い人を集める人たちの事だったようですが、明治時代以降から現在ではお祭りや縁日などで屋台などで商売する、いわゆる「的屋」(てきや)を指します。...

「セウト」とは?意味や使い方を解説

「セウト」とは?意味や使い方を解説

「セウト」はセーフとアウトを組合せた造語で、良いとも悪いとも言えない、その中間である事を表現する言葉です。 野球などスポーツの世界でも使われている、安全とか間に合うという意味の「セーフ」と、失敗やダメという意味がある「アウト」が語源となっています。 何かを判断する際にはっきりと白黒付けられない場合をはじめ、エロ系の絵やアニメ等で際どいショットであったり内容的にマズイのではないかという場合にもよく使われており、ツイッターやSNSの他、ネット掲示板2ちゃんねる(現・5ch)のエロ系のスレッドや、イラスト作品の投稿が行えるpixiv(ピクシブ)等でよく見かけます。 セウトの明確な定義はなく、あくまで発言者の主観による判断となり「アウト寄りのセウト」といった表現も使われます。...

「○○定期」とは?SNSやネットで使われる定期の解説

「○○定期」とは?SNSやネットで使われる定期の解説

ツイッターやネット掲示板で使われている「定期」は「定期的に書いている」という意味合いで使われる用語です。 書かれている場所や話の流れによってニュアンスが異なりますのでそれぞれの意味を解説します。 ツイッターで使う定期 ツイッターでよく見かけるのは「定期ツイート」の事で、以下のように最初に括弧を最初に付けるパターンが多いです。 【定期】スマホアプリのフレンド登録 (定期)同じ趣味の方フォローお願いします <定期>FRBご自由に いつでもフォロワー募集してます!定期です 定期 毎月公園でライブやってます FRBはフォロー/リムーブ/ブロックの事です。詳しくはこちら「FRBとは?」をご覧下さい。 自動でツイートするツールなどを使って、定期のお知らせをする場合が多いです。...

Twitterの「FRB」とは?意味や使い方「FRBご自由に」も合わせて解説

Twitterの「FRB」とは?意味や使い方「FRBご自由に」も合わせて解説

Twitterでいう「FRB」は「フォロー(Follow)・リムーブ(Remove)・ブロック(Block)」の事で、それぞれの英語の頭文字を取って作られた用語です。 「FRBご自由に」というようなフレーズで使われる事が多く、これは「フォローもリムーブもブロックもご自由にどうぞ」という意味になります。 ツイッターにはフォロー・リムーブ・ブロックをしてはいけないという規約はありませんので、本来はこういった断りは不要なのですが、稀に知らない人からのフォローであったり、勝手にリムーブされたりするのに嫌悪感を示すツイートを行っている方もいるため、予め自由にしていいですよという意味合いで書いています。 「f/r/b」「F.R.B」「F+R+B」といった表記も見かけますが、FRBと同じ意味で使われています。...

「沼」とは?意味や使い方を解説

「沼」とは?意味や使い方を解説

ネット用語の「沼」は主に2つの意味で使われています。 まともに会話が出来なかったり、意味がわからない発言などをする人などを指します。 知的障害を略して当て字にしたのが「池沼」、これをさらに略して「沼」になりました。 アニメやキャラクターなど何かに夢中になっている事を指す用語で、まるで沼にハマって抜けられなくなってしまったような状態から由来しています。 「沼落ち」ともいいます。 以下ではそれぞれの意味を詳しく見ていきましょう。 池沼という意味の「沼」 1つめの「池沼」(ちしょう、いけぬま)はネットで古くから使われている用語の1つで、以前は「知的障害」や「頭がおかしい人」の意味合いが強かったものの、その後に作られた「沼」は「会話が成立しない人」や「コミュ障の人」というような意味で使われる事が多いです。...