• Menu
  • Menu
「日本語でおk」とは?意味や使い方、元ネタについても解説

「日本語でおk」とは?意味や使い方、元ネタについても解説

「日本語でおk」は「日本語で話してください」とか「日本語でOKですよ」「日本語を使っていいですよ」「日本語で話していいですよ」という意味で使われるネット用語で、「日本語でおけ」と表記する場合もあります、 読み方は決まったものはありませんが「にほんごでおけ」とか「にほんごでおけー」とする事が多いです。...

「リアタイ」とは?意味や使い方を解説

「リアタイ」とは?意味や使い方を解説

「リアタイ」は、今この時間を意味する「リアルタイム」の略ですが、ネットや会話の中で使われているリアタイは単に「リアルタイムの略」ではなく、テレビなどを「リアルタイムで視聴する」という意味で使われる事が多いです。 後になって録画やタイムシフトで見るのではなく、放送されているそのタイミングで見ることが「リアタイ」と呼ばれています。...

「エアプ」とは?意味や使い方を解説

「エアプ」とは?意味や使い方を解説

「エアプ」(エアプレイ、エアプレイヤー)は架空や実体が無いといった意味がある「エア」と、プレイの「プ」を組み合わせた用語で、経験(プレイ)していないにも関わらずあたかも経験済みであるかのような言動や態度を取ることですが、単に「プレイしていない」という意味だけで使われる事もあります。...

「ゆるぼ」とは?意味や使い方を解説

「ゆるぼ」とは?意味や使い方を解説

「ゆるぼ」は「ゆるく募集」を略したネット用語で、それほど急ぎの話でなかったり、必死になっているわけではないけど、緩めに募集をかけているという意味合いで使います。 「ゆるぼ」の他にも漢字で「緩募」「ゆる募」「」やカタカナで「ユルボ」などの表記も使われています。 反対語に当たるのは「急募」または稀ですが「ガチ募」という表現も見かけます(ガチは本気という意味)。 以下のような使い方や表現があります。...

ネット用語の「過疎」とは?意味や由来、使い方について解説

ネット用語の「過疎」とは?意味や由来、使い方について解説

ネットで使われている「過疎」は活発な書き込みであったり、人のいる気配が少ない状態を指す用語です。 各サイトやサービスによって意味合いが少し異なり、例えばネット掲示板でいう「過疎」は書き込みが少なくスレがなかなか埋まらない状態で、ニコニコ生放送やツイキャスなどの生放送サイトであればコメントが流れず放送主が待ちぼうけしている状態などを指しています。...

「小並感」とは?意味や使い方を解説

「小並感」とは?意味や使い方を解説

「小並感」は「小学生並みの感想」の略で、何か物事に対する感想がまるで小学生のような簡単な感想dだった場合などに使うネット用語です。 読み方は「こなみかん」または「しょうなみかん」で、どちらで呼ぶかは様々意見があります。...

「セウト」とは?意味や使い方を解説

「セウト」とは?意味や使い方を解説

「セウト」はセーフとアウトを組合せた造語で、良いとも悪いとも言えない、その中間である事を表現する言葉です。 野球などスポーツの世界でも使われている、安全とか間に合うという意味の「セーフ」と、失敗やダメという意味がある「アウト」が語源となっています。...