• Menu
  • Menu

Archive - 2018年6月19日

「おこ」「激おこプンプン丸」とは?意味や使い方、最終形態の15段階まですべてを解説

「おこ」「激おこプンプン丸」とは?意味や使い方、最終形態の15段階まですべてを解説

「おこ」とは「怒る」や「怒ってる」を可愛く表現した用語で、実際には本気で怒っている時にはあまり使われず、何かに拗ねていたり少しだけ怒っている場合に使われる事が多いです。 自分が使う場合は「おこだよ」や、相手に怒っているか聞く場合は「おこなの?」といった表現があります。 2011年頃からギャル語・女子高生言葉として使われだし、SNSやニコ生などネットでも少しずつ広まり、「激おこ」などの派生系も誕生。 一般にも認知されはじめた2013年にはTwitterで「おこ」の進化系として「激おこぷんぷん丸」という言葉が誕生。 「」のような顔文字と組み合わせて頻繁に使われるようになりました。...