• Menu
  • Menu
「炎上」とは?意味や使い方を解説

「炎上」とは?意味や使い方を解説

「炎上」は不祥事、失言、トラブル等をきっかけに収集のつかなくなるほど非難が殺到する様子を表したネット用語です。 火が燃え上がる「炎上」が語源となっていて、手がつけられないような状態を表現しています。 炎上という言葉の使い方や表現は以下の通りです。 あの人のツイッター炎上してるなー あれ問題発言だろと思ったらやっぱり炎上してた 炎上何回目? また炎上してるんだね 炎上確定ネタだろそれ 発生のきっかけとなるのはテレビの発言や行動であったり、ブログに投稿した内容、SNS上での発信等です。 例としては、ツイッターにいじめて他の生徒に対し暴力をふるっている動画を投稿する、テレビで万引きしていたことを自慢げに告白する、等が実際に過去に炎上した事例として挙げられます。...

「おこ」「激おこプンプン丸」とは?意味や使い方、最終形態の15段階まですべてを解説

「おこ」「激おこプンプン丸」とは?意味や使い方、最終形態の15段階まですべてを解説

「おこ」とは「怒る」や「怒ってる」を可愛く表現した用語で、実際には本気で怒っている時にはあまり使われず、何かに拗ねていたり少しだけ怒っている場合に使われる事が多いです。 自分が使う場合は「おこだよ」や、相手に怒っているか聞く場合は「おこなの?」といった表現があります。 2011年頃からギャル語・女子高生言葉として使われだし、SNSやニコ生などネットでも少しずつ広まり、「激おこ」などの派生系も誕生。 一般にも認知されはじめた2013年にはTwitterで「おこ」の進化系として「激おこぷんぷん丸」という言葉が誕生。 「」のような顔文字と組み合わせて頻繁に使われるようになりました。...

「イケボ」とは?意味や使い方を解説

「イケボ」とは?意味や使い方を解説

「イケボ」は「イケメンボイス」または「イケてるボイス」の略で、いい声であることを意味する用語です。 爽やかな声、渋い声、かわいい声など限定することなく、いいと感じた声の事を「イケボ」といいます。 異性、特に女性からすると「この素敵な声の人はどんな顔をしているのだろう」というような想像力を掻き立てたり、ワクワクやドキドキするような期待感を抱けるようです。 2000年代後半頃からネット、特に声を録音して共有できるサービス「こえ部」(2016年にサービス終了)のユーザーであったり、ニコニコ生放送(ニコ生)で配信を行う生主などの間でよく使われるようになりました。 主に男性に向けて使われる事が多いですが「イケてるボイス」の意味もあるので、女性にもイケボと使えます。 使い方や表現は以下の通りです。 全員イケボだった イケボの人通話しよ...

「うらる」とは?意味や使い方を解説

「うらる」とは?意味や使い方を解説

「うらる」はウェブ上のアドレスである「URL」の事です。 URLの読み方は「ゆーあーるえる」ですが、これを日本語入力して「うrl」これを読みやすいように日本語っぽくしたのが「うらる」です。 2000年代後半頃からネットの書き込みであったり、ニコ生で配信を行っている生主などから自然発生的に使われ始め、現在ではツイッターやSNSでも時々見かけます。 ただ、実際はユーアールエルなわけですから違和感を覚える人達もおり、2015年11月には東京のFMラジオ放送局J-WAVEの「TOKYO MORNING RADIO」の「思わず赤面?! 勘違いあるある」という視聴者コーナーにて「URL」を「うらる」と読む人がいるという投稿があった際にはツイッターでもこれに言及するツイートが行われ、驚きや疑問の声が見られました。...

「あざとい」とは?意味や使い方を解説

「あざとい」とは?意味や使い方を解説

「あざとい」とは異性に対し「こういう行動をすると可愛く見られる」「この仕草で好かれる」といった事をわかった上でそういった行動を行う事を指す用語です。 主に女性の行動に対して使われる事が多く、男性からすると可愛く見えたり男心をくすぐられたりしますが、同性からすると意図や思惑がバレてしまう事が多く、嫌われてしまう傾向にあります。 男性にも使われる事がありますが、ただの嘘であったり女性には見抜かれてしまう事も多く、女性ほど多くは使われません。 行動例としては「合コンで好みの男性を見つけたら近くに座り、普段とは全く態度が違う」「男が女の涙に弱い事を知りつつ嘘泣きで意見を通す」などが一例として挙げられます。 あざといの本来の意味は「小利口」「図々しく抜け目ない」「(やり方)が悪どい」などで、漢字で「小聡明い」と書きます。...

「アンチ」とは?意味や使い方を解説

「アンチ」とは?意味や使い方を解説

「アンチ」とは「反対勢力」「対抗勢力」のような、反発する集団または個人を意味する用語で、英語の「反○○」「抗○○」「対○○」という意味の「anti-」が語源となっています。 以前は2ちゃんねる(現・5ch)などのネット掲示板であったり、それ以外のリアルでも「アンチ巨人」のように「アンチ○○」という表現でしたが、2000年代中盤頃からは「アンチ」だけで上記のような意味で使われるようになってきました。 その対象に嫌悪感を抱いており、掲示板に悪口を書いたり、本人のブログに誹謗中傷のコメントをしたり、ツイッターで罵る、SNSで評判を落とすような書き込みを行うなどの行動を行います。...

「エロイプ」とは?意味や使い方を解説

「エロイプ」とは?意味や使い方を解説

「エロイプ」は「スカイプ」を使って異性(同性)とエロいやりとりをする事を指す用語です。 声だけの通話であったり、カメラを使っての映像で行う事もあります。 卑猥の意味の「エロ」とスカイプの「イプ」を組み合わせた造語。 スカイプ(Skype)はパソコンやスマホでインターネット回線を使った通話やチャット、ビデオ通話ができるサービスの事で、現在ではこのようなソフトやアプリは多数存在していますが、以前はスカイプ一強で通話ソフトの代名詞のような状態だったため「エロイプ」という名称となり、スカイプ以外のサービスを使っても「エロイプ」と呼ばれています。 使い方と表現は以下の通りです。 エロイプしよ またエロイプしてたのかよ エロイプ強要された エロイプ動画がアップされてた あの生主エロイプ誘ってくるよ...

「あぼーん」とは?意味や使い方、名称の由来などを解説

「あぼーん」とは?意味や使い方、名称の由来などを解説

「あぼーん」は何かが削除されたり消去、壊れた、おかしくなった、ダメになる、死んだ(本当の死でなく体調不良やギブアップ)、ダウンした等の意味合いで使われるネット用語です。 2ちゃんねる(現・5ch)で不適切な書き込みがあった際に、削除された場所に表示される文字「あぼーん」が由来となって上記のような様々な表現で使われるようになりました。 あぼーんの語源はいくつかの説がありますが、英語で骸の意味がある「a bone」からと言われています。 使い方や表現は以下の通りです。 あぼーん\(^o^)/ スマホあぼーんしてもうた、また買わなあかん 昨日飲みすぎた、あぼーん中 ハードディスクが突然あぼーん メモリ使いすぎてPCあぼーんしてる あぼーんしちゃった?...

「今北産業」とは?意味や使い方を解説

「今北産業」とは?意味や使い方を解説

「今北産業」とは「今来たからこれまでの話の流れを3行で説明して」という意味です。 いわゆる「炎上」や「お祭り」と呼ばれるような大きな事件やニュースが入ると、5ちゃんねる(元・2ch)のような掲示板では書き込みが急増し、最初から読んで流れを掴むには相当な時間がかかります。 そのため「今来た」事を伝え、手っ取り早く内容や流れを説明して欲しいので「3行で説明して」とお願いする書き込みが「今北産業」です。 実際にマジメに回答しくれる人は少なく、ほとんどは無視されるかウケ狙いの返答をされる事が多いです。 また、今北産業を知らない人にはまるで実在している会社であるかのような扱いで、ネット初心者を騙して面白がるような書き込みも見られます。 比較的古くから使われているネット用語で、2ちゃんねるでは2000年代中盤から遅くとも使われていました。...

「おこk」とは?意味や使い方を解説

「おこk」とは?意味や使い方を解説

「おこk」は「OKOK」のことで、「了解了解」「わかったわかった」「はいはい」「同意同意」といった意味があります。
OKOKを日本語入力すると「おこk」になり、PCで半角入力に変えずにそのまま入力したものです。
この言葉が使われだした時期は不明ですが、2ちゃんねる(現・5ch)では遅くとも2008年頃には使われており、今も本当に時々ではありますが使っている人もいます。

おこk
おこk! そっち側行くわ
大丈夫、問題ないっておこk

似たような意味で「おk」がありますが、こちらは「OK」の略です。