「香具師」とは?2ちゃんねる等で見かける香具師の意味と語源を解説

Pocket

香具師は「やし」または「こうぐし」と読み、ネット上では「〇〇なやつ」「ヤツ」「奴」(やつ)という意味があります。

語源となっているのは、カタカナ表記の「ヤシ」が「ヤツ」に似ている事からで、言葉遊びで「ヤツ」の代わりとして使われるようになりました。

ネット用語としてはかなり古くから使われているスラングの1つで、ネット掲示板の2ちゃんねるが開設される数ヶ月前の1999年2月に、当時有名だった掲示板「あやしいわーるど」で、固定ハンドルネーム「DTP」さんのニセモノがあらわれ、それがバレると自らを「DTP@香具師」(「DTPなやつ」という意味合いだと考えられます)と名乗った事から広まりました。

2000年代にはネットのコアユーザーを中心に2chで頻繁に使われる状態でしたが、現在ではそれほどは見かけないもののツイッターやSNSなどでも使われています。

ただ、ネットに詳しいユーザーに限れば知名度はある程度高い言葉ですが、一般的なユーザーにはまだそれほどの浸透はしていない印象です。
死語とも言われる事がありますが、ネット上では継続的にちらほら見かけますので、ある程度定着したと言えそうです。

香具師の使い方は以下の通りです。
ほとんどの場合は「奴」の置き換えです。

  • これ持ってる香具師いる?
  • 歩きスマホしてる迷惑な香具師発見
  • そんな香具師いたのかよ
  • デマを流す香具師
  • まだそれやってない香具師

もともとこの「香具師」、江戸時代では香具(こうぐ)や薬を作って売る商売人や、芸を行い人を集める人たちの事だったようですが、明治時代以降から現在ではお祭りや縁日などで屋台などで商売する、いわゆる「的屋」(てきや)を指します。

Written By

admin

Top
×